<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

12月ライブスケジュール

ツアーから帰ってきて風邪なのかアレルギーなのか、
いつもの鼻からくる病気でダウン。
あと、お得意のめんどくさい病で更新遅れました。


名古屋、大阪ツアーは今回も短めでしたが無事に終わりました。
足をお運びいただいた皆様、お店の人、一緒に演奏していただいたミュージシャンの方々、
ありがとうございました。またたくさん勉強させてもらいました。

名古屋は初めてのソロライブ。
ちょうど2年前に演奏させていただいて、
お客さんもいないと思ってましたが来てくれて嬉しかったです。
また名古屋必ず寄らせていただきます。

大阪ソフィアは光玄さんと。ぼくよりも、
ずっと前から演奏されている大先輩ですが僕のパンツの色を聞いてきたり、
キスをしようとしてきたり身の危険を感じこわかったです。
光玄さんの演奏はやっぱりバッチリでした。

大阪のこされ島では七色ラブレターズさんの企画にお邪魔しまた。
金森幸介さんと、松野泉さんと七色さんと演奏させていただきました。
金森さんは40分ノンストップ、MC、拍手なしの演奏でした。
アコースティックギターはラインからだったのですが、
聴いたことのないほどいい音でした。
手作りのプリアンプみたいなのが繋がってました。

松野泉さんは映画音楽も担当しているミュージシャンで、
映画の話をちょこちょこさせてもらいました。
家に帰ってから横浜のビトさんが出演している「つぐない」をみてたら、
聞き覚えのある懐かしいメロディーが聴こえてきて、思い出したら松野泉さんでした。
最後は七色さんと、金森さんの共演がとても良かったです。

大阪デラビッチ、甘茶蔓、SHDYLANEはロイキさんとナイルパーチ冨樫くん。
3店舗回っての演奏でした。冨樫くんは弾き語りを始めたばかりなのですが、
さすがで、また全然腕を上げていました。
ハートフルファンクスで爆発した冨樫くんもいつか見に行きたい。
この日のROIKIさんはまたとても良かったです。
静かで、きちがいで、酔っ払いで素晴らしい演奏でした。
来年、ROIKIさんのCDが十何年かぶりに出るそうです。

滞在最終日、1日あいたのでポーボーイのぐんちゃんのとこに
寄らせてもらいました。ここのお店は通販はやってないですが、
なかなか手に入らない音源がたくさん置いてあります。
僕のライブ限定のCDとカセットも置かせていただきました。
あと近くのアイリッシュカレー屋でカレーとポテト食べてグンちゃんとバイバイ。
次の日お昼の高速バスに乗って帰ったのですが深夜便より遥かに楽でした。
次からひるの高速バスにしよう。



12/1 大阪西心斎橋「Bar SOPHIA」w/光玄
12/2 大阪新世界「のこされ島」w/金森幸介、松野泉、七色ラブレターズ
12/3 大阪寺田町「オルケスタデラビッチ」w/ROIKI、ナイルパーチ富樫(from Heartful Funks)
12/8 鶴間「菩南座」
12/9 野毛「ボーダーライン」w/増子周作
12/11 大久保「ひかりのうま」w/アニュウリズム、神田さやか
12/15 大船「黄昏エレジー」
12/16 白楽「Border's」
12/20 湘南台「中華三番」w/外村伸二
12/23 大船「Zuma」画伯"はち"の個展でオープニングをすこしやらせていただきます。16:00頃〜
12/23 北浦和「ちどり」w/よしだよしこ
12/24 藤沢「Bar Cane's」~ブラッククリスマス~
12/30 代官山「晴れたら空に豆まいて」のろしレコード w/トラペ座
12/31 白楽「Border's」~ブラック年越し~


f0335059_14522700.jpg


12月30(土) のろしレコード〜ことびらき Vol.2〜

今年最後ののろしレコード企画。今回はゲストにトラペ座をお招きします。

年末のお忙しい時期かと思いますが、是非音楽にゆっくり浸かりにきてくださいませ。


場所 代官山「晴れたら空に豆まいて」

東京都渋谷区代官山町20−20 モンシェリー代官山B2

<出演>
折坂悠太
夜久一
松井文

<ゲスト>
トラペ座

開演 11:30 / 開場 12:00
予約 2300円 / 当日 2500円(+1Drink)


メール予約: ticket@mameromantic.com
電話予約: 03-5456-8880
※メールの場合はかならず【公演日・お名前・枚数・お電話番号】をご明記ください。


■トラペ座プロフイール:

バルカン~コーカサスの民俗音楽を敬愛する大野慎矢の呼びかけで2013年に結成。

グループ名は、古代ギリシャ語~スラブ語で「テーブル、宴の席」を指す[トラペザ]と、

日本語の車座を掛け合わせた造語で、料理、酒、会話、歌、踊り、

そして喜怒哀楽の音楽が傍らにあればという願いを込めて命名される。

激流の中で生まれた東欧の民俗音楽へのオマージュ音楽。


大野慎矢/アコーディオン、ガイダ、

歌多田葉子/クラリネット、ソプラノサックス

関島種彦/フィドル、マンドリン

菅原雄大/チェロ



[PR]
by eight_gauge | 2017-12-10 14:12 | Comments(0)